忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※※終了しました※※

母校の京都造形芸術大学でグループ展を開催いたします。

2003年から2013年までに日本画コースを卒業、または大学院を修了して
現在作家として活動している11名でのグループ展です。
6m近い日本画の大作からイラストレーションまで、様々な作品を一堂に展示します。

是非ご高覧下さい。



【ここで日本画を学びました。】

■2014年6月18日(水)~7月4日(金)
■会期中無休
■11:00~18:00
■京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ
606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
http://aube.kyoto-art.ac.jp/

■イベント
□6月20日(金)17:00~ギャラリートーク/18:00~レセプションパーティー
□6月27日(金)17:00~19:00トークイベント
※両日とも開廊時間を19:00まで延長します。
※6月20日は同時開催の3展合同で開催します。

■作家
□阿部 瑞樹 Abe Mizuki
□げみ Gemi|http://gemi333.com/
□後藤 吉晃 Goto Yoshiaki|http://buro123456.exblog.jp/
□コバヤシ タク Kobayashi Taku|http://kobayashitaku.blog116.fc2.com/
□佐竹 龍蔵 Satake Ryuzo
□田中 裕子 Tanaka Yuko
□田村 葵 Tamura Aoi
□滑川 道広 Namekawa Michihiro
□能條 雅由 Nojo Masayoshi
□樋口 新 Higuchi Arata
□森下 智子 Morishita Satoko

■展覧会趣旨
本展覧会は、京都造形芸術大学で日本画を学び、卒業後に日本画(公募団体所属/無所属)・現代美術・イラストレーションなどの各分野で活動する11名の作家による展覧会です。
現在「日本画」と呼ばれる作品には、その定義や様式を一言では説明できない程の多様な表現があります。歴史と伝統を重んじ、西洋の主流とは異なる独自の素材や技法を用いながらも、時代の流れとともに柔軟にそのかたちを変え、現在も多くの作家の手により新しい作品が生み出され続けています。
私達11名は京都造形芸術大学で表現の基盤として日本画を学びましたが、その多様性の中で身に付けたものは決して同一のものではありません。大学卒業後、日本画家として日本画を描き続ける者もいれば、イラストレーターとして活動している者もいます。本展覧会は単に日本画の作品を展示する事を目的としたものではなく、かつて日本画を学ぶ学生だった私達の、現在の活動に焦点をあてた作品を展示します。しかし、いずれの作品にも日本画の痕跡を見つけることができるのではないでしょうか。
私達はここで日本画を学びました。その後に続く言葉はそれぞれの作品が語ってくれるはずです。

■同時開催
□立野陽子個展「horizon in gray」
□田中愛子個展「Rearranging the World」
PR

Copyright © 2010-2014 Ryuzo Satake All Rights Reserved.
<当webサイト内の画像および文章等の無断転載を禁止しています>

忍者ブログ[PR]